毛抜きによるムダ毛処理は危険です

Posted by user036 on 2月 08, 2015
基礎知識

毛抜きを使ったムダ毛の自己処理には、色々と肌トラブルが付き物なのをご存じですか? この記事では、どのような肌トラブルが起きてしまうのかをご紹介します。 ①毛嚢炎 毛嚢炎とは、ムダ毛を毛抜きで無理やり引き抜いたせいで、 毛穴が炎症を起こしてしまった状態のことです。 こうして毛穴が炎症してしまうと、毛穴がポツポツと隆起してしまい、 遠くから見ても肌に赤い点々があるのが目立ってしまいます。 ②埋没毛 埋没毛とは文字の通り、皮膚の中にムダ毛が埋もれてしまった状態のことを言います。 これも毛抜きでムダ毛を無理やり引き抜いた時に、上手く根元から抜けなかったことが原因です。

<家庭でプロ並みに脱毛したい人にお勧めの詳しい情報はこちらにあります>

ケノン 分割

上手く抜けなかった毛が皮膚のすぐ下で渦を巻いて成長してしまい、 皮膚の上に出られなくなった毛は、遠くから見てもすぐわかるので、 大変不恰好です。 どちらも対処法としては放っておくことしかできないので、 一度この症状になってしまうと、とてもやっかいです。 これらの肌トラブルにならないためには、ムダ毛の自己処理に毛抜きを使用しないことです。 ムダ毛の自己処理には、電気シェーバーを使用すると、肌トラブルになりにくいですよ。