毛抜き脱毛の肌トラブル

Posted by user036 on 3月 30, 2015
脱毛サロン

ムダ毛の自己処理で毛抜きを使っている人はいませんか?
毛抜きって、どこでも簡単に手に入りますし、簡単にムダ毛を処理できるので、
きっと女性なら誰もが一度は行ったことのある脱毛法だと思います。

しかし、毛抜きを使ったムダ毛処理には、肌トラブルがつきものなのをご存じでしょうか?
今日は、そんな毛抜きを使った肌トラブルについてお話して行こうと思います。

・埋没毛

埋没毛とは、ムダ毛が根元から綺麗に抜けきらず、
皮膚の中に埋もれてしまった状態の事をいいます。

こうなってしまうと、皮膚の表面には毛が出てないのに、
見た目にはムダ毛が生えているように見えてしまいます。

・毛嚢炎

毛嚢炎とは、閉じた毛穴から無理やり毛を引っこ抜いたことにより、
毛穴が炎症を起こしてしまった状態を言います。

酷い場合は毛穴がニキビのように膿んでしまいます。

これらの肌トラブルは、これといった治療法がないので、
一度なってしまったら、放置しておくしかないのです。

取り返しのつかないことになる前に、毛抜きの使用はやめましょう。

気軽に家庭で脱毛できる家庭用脱毛器ですが、このサイトが参考になります。
ケノン 買い時